結婚式にかかる諸費用

結婚式を行う意義について

結婚式は自分たちのために行うとともに、今後結びつきのある人生を支えてくれる人たちとの交流の場ともいえます。たとえ小規模だったとしても、ゲスト同時の結びつきが生まれ、今後若い二人と支えていこうという気持ちが生まれます。そして、夫婦となって様々な困難に直面したときに、良い方向へと助言をし支えてくれるのは親密な関係にあるゲストの方ともいえます。そのため、最近ではお金がないから結婚式は挙げないという方も多いですが、結びつきの場として重要です。

結婚式の予算決めと計画

結婚式の費用合計は式の内容により様々であるため、事前に準備し予算を決めることが大切です。予算を決めるにあたっては、二人の貯蓄・ご祝儀・両親の援助・お祝い金などがあります。披露宴を行う場合はゲストからお祝儀がもらえるため、お祝儀も結婚資金として計算に入れます。一生に一度のお祝いの席のため、予算がたりないときは貯金をためるなど計画的に行い、式当日にこんなはずではなかったと後悔しないよう二人で式の準備を行うことが重要といえます。

結婚式の費用と重視する点

実際の結婚式でかかる費用として、選ぶ会場・ゲストの人数・日取りによっても異なります。そのため何を重視するかを決めることが大切です。それ以外にもおもてなしの料理・衣装・写真や映像・演出など様々なポイントがあるため、二人にあった式をあげるため予算に合わせて希望を決めてから、見積もりを取ることも大切といえます。見積もりは何度でも取ることができるため、打ち合わせを重ねて二人での共同作業として式の準備を進めていきます。

結婚式の費用はだいたい350万円ぐらいが相場だと言われています。あとは自分がどんなことをしたいか、何にこだわりたいかで金額が、大きくかわっていきます。