地道な努力が大事!?上手な一人暮らしで快適ライフを♪

収入と支出を一人暮らしで考えてみよう。

18歳を過ぎて、早い人だと高校卒業とともに一人暮らしなんてことも多々あります。大学生でも親に頼らず奨学金でアルバイトをして一人暮らしの人も居れば、すぐに働き始めて一人暮らしの人も居ます。働らく種類が違えど、収入と支出のうえでの一人暮らしで共通すつことは、金銭感覚の苦労ですよね。一人暮らしをすれば、家事全般の上から仕事をします。ともなれば時間に追われる中、食費や光熱費も考えて生活しなければやがて破滅してしまいます。例えば、家賃、食費、光熱費、交遊費、日常品等の費用、人によってはこの上に車の維持費、車のローンです。まともに1ヶ月生活しようものなら15万円~20万円、地域の物価にもよりますが、お給料のほとんどは一人暮らしの費用で飛びます。

やりくり上手が生き抜くコツ!

ただでさえ一人暮らしに費用がかさむなか、どう貯金すべきか悩む方は多いです。まずは先取り貯蓄です。お給料を会社で積み立てるか、自身の口座を2つ設けて片方は貯蓄用でお給料日に先にお金を入れます。もちろん1ヶ月の必要なお金の計算をした上で、余る金額をすぐに貯蓄します。次に食費の見直すしです。外食を多くしていないか、無駄なものを買っていないか、見直す必要があります。そしてお弁当など自炊出来る部分は努力するべきです。この2点さえ抑えれば、やりくりしていけます。

一人暮らしは良いチャンス!

節約も兼ねて自炊をすれば、料理の腕は確実に上がります。また男女関係なく、自身にとった性別の異性から好まれます。掃除をすれば、自然と掃除の仕方が身につきますし、洗濯をすれば、洗濯の仕方やたたみ方が身に付きます。そして、自分だけの空間で自分のライフスタイルを楽しむことが出来ます。何かと大変な一人暮らしですが、一人暮らしをすることで必ず見える世界も、未来も変えることが出来ます。自分にとって意味のある一人暮らしになっていきますよ。

家具の家電のレンタルはメリットがたくさんあります。新製品を購入することがないから節約できますし、古くなっても処分に悩まされることがありません。