単身赴任!?それでも気持ちよく働いてもらうための企業側の配慮

企業命令で単身赴任する

大企業に勤めをしている場合には転勤はつきものです。今では地域限定社員という採用方法で人材を活用している企業もありますが、それでも地域内において転勤の可能性はあります。場合によっては今の自宅から通勤できないような場所に赴任する必要も出てきます。その場合には転勤することが必要ですが、家族がいる場合には子供の通学の状況を勘案して、また自宅を既に購入していて手放したくないと考えている場合には単身赴任で勤務する人もいます。

単身赴任は生活費がかかる

企業としては家族帯同で転勤してもらう方が生活も乱れる可能性が少ないために安心できるのですが、生活の状況は人によって違うためにどうしても帯同できない人もいます。その場合には単身赴任になります。単身赴任であっても企業命令として異動することになるために、企業側からいろいろな手当が支給される場合が多いです。単身赴任手当として赴任地での生活費として加算される部分があります。どうしても二つのかまどを持つ形になるために生活費が倍近くになります。

企業が単身赴任者に気持ち良く働いてもらうための配慮

また企業によっては1か月に1度、帰省のための費用を支給するところもあります。家族離れ離れで生活しているために定期的に戻ることも必要であると考える企業側の配慮にもなります。企業のために赴任して働く社員に対する慰労の意味もあります。単身赴任すると残してきた家族のことが気になるのはごく普通のことであり、そのような不安を抱えたまま仕事に就いてもらうよりも、不安を一蹴し気分転換して、再び働いていもらうことが企業にとってもプラスになることが多いです。

単身赴任の家具を選ぶために、シンプルなタイプのインテリアが数多く取り扱われている専門店を見つけることが有効です。